2015年02月11日

最新Javaアップグレード作業記録

MacosxのJavaはアップルのサポートがJDK 6まで
その後はオラクルがサポート
そのせいで異なるヴァージョンのJavaが混在することになりいろいろと面倒が発生
webでJavaアプレットを起動させようとするとうまく動作しなくなる始末
以下がインストール作業記録

ターミナルでJavaのヴァージョンを確認
SSFAir:~ susumu$ java -version
java version "1.6.0_65"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_65-b14-462-11M4609)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 20.65-b04-462, mixed mode)

Java SE Development Kit 8 

のインストール
から
 jdk-8u31-macosx-x64.dmg
をダウンロード&ダブルクリックでインストール

ターミナルで設定
SSFAir:~ susumu$ export JAVA_HOME=`/usr/libexec/java_home -v 1.8`

ターミナルでJavaのヴァージョンを確認
SSFAir:~ susumu$ java -version
java version "1.8.0_31"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_31-b13)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.31-b07, mixed mode)

Java SE Runtime Environment 8

のインストール
jdk-8u31-macosx-x64.dmg
をダウンロード&ダブルクリックでインストール

Javaのバージョンの確認


これでOK!


posted by 桜井進 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック