2018年04月06日

JAPAN LIBRARY2018に著書が選定

R0029391.jpg

JAPAN LIBRARY
「日本の魅力発信に資する書籍の翻訳出版事業」
平成26年度から、首相官邸・内閣府国際広報事業の一環として、
日本の優れた書籍を民間の有識者により選定し、英訳出版する事業
http://www.jpic.or.jp/japanlibrary/jp/about/

JAPAN LIBRARY2018には12タイトルが選定
拙書「夢中になる!江戸の数学」(桜井進著、集英社、2012)が選ばれました。

JL2018.jpg
JL20182.jpg
JL20183.jpg

昨年から翻訳作業がスタート
江戸時代の数学用語→現代日本語→英語
には手間がかかりました
数名の翻訳チームそして日本文化に造詣があるGaynor Sekimori氏のおかげで完成に到りました
タイトルはシンプルに「WASAN」

Wasan, the Fascination of Traditional Japanese Mathematics

Sakurai Susumu (著), Emma Ford (翻訳), Gaynor Sekimori (翻訳)
出版社: 出版文化産業振興財団
定価:2600円+税
アマゾン

R0029408.jpg

ベルヌーイ数・ベルヌーイの公式は
「関・ベルヌーイ数」「関・ベルヌーイの公式」
と呼ぶべきであるという私の主張も英訳本に盛り込んであります。
ようやく世界発信できるようになりました。
ちなみに、そのことは「夢中になる!江戸の数学」よりも前に
「天才たちが愛した美しい数式」(桜井進著、中村義作監修、PHP、2007)
にかきました。
ウィキペディアの「ベルヌーイ数」にはちゃんとそのことが記載されてあるのにはびっくり。

ぜひ読んでください。

R0029406.jpg
posted by 桜井進 at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック