2015年05月23日

5月24日(日) Rimse数学セミナーin大阪

shigaku_forum_osaka.jpg

会場 追手門学院大阪城スクエア
わたしの講演「ジョン・ネイピア対数誕生物語」
のあと、

「算数・数学の自由研究」作品コンクール2014年度受賞作品
生徒発表
読売新聞社社賞「数学で国語を斬る」杉本修嗣君
Rimse理事長賞「約数の和の公式」ホッジ・ルネ倫君

わたしが中央審査委員をつとめるコンクールです
昨年は小学1年から高校3年生まで12000名が応募
その2名にプレゼンをしてもらいます

たのしみです。

posted by 桜井進 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

微分積分で解く!?人生を、芸術を!

coco1.jpg

5月 23日 (土), 14:00 〜 16:00

場所 こどもの里(大阪市西成区萩之茶屋2-3-24)
釜ヶ崎芸術大学【数学】
日 時:5月23日(土)14:00〜16:00
参加費:無料・カンパ歓迎
講 師:桜井進
主催:NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)




posted by 桜井進 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2015年05月11日

わたしは岡山でサイエンスナビゲーターⓇになりました。

nishina.jpg


日本の物理学は岡山が発祥です。
仁科芳雄は戦後日本の科学の礎を築いた物理学者です。
仁科の弟子がノーベル物理学賞を受賞した湯川秀樹と朝永振一郎です。
毎年12月、仁科の誕生日を記念して仁科芳雄生誕地、岡山県里庄町にある仁科会館で講演会が開催されます。

第12回:2004年(平成16年)
講師/桜井 進「仁科芳雄博士が追い求めた夢 −そこにひとすじの光があるかぎり−」

これがサイエンスナビゲーター誕生の瞬間でした。
記録がここにあります。

こうして岡山が私の第二の故郷となり、毎年岡山での講演に呼ばれています。



posted by 桜井進 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

山陽新聞2015年5月9日(土)に「感動する!数学」

SanyoSinbun.jpg
山陽新聞2015年5月9日(土)に拙書「感動する!数学」が取り上げられていると岡山県の先生から連絡がありました。
滴一滴は天声人語のようなコラムのようです。

すこしだけ批評してみます。
紙を43回折れば月に届いてしまうお話とその後の月面探査計画の話題が逆説の接続詞「だが」で結ばれていることにひっかかります。
前半は頭の中の話〜数学〜で後半は現実のロケットの話、なるほど一見すると逆説に思えるのでしょう。
しかし、数学は「星と人とともにある数学」なのです。
遠く手の届かない天上の世界をつかむためにつくられた最強のツールが数学です。
いまから二千年以上も昔です。
例えば、サイン、コサインといった三角関数は「星の光に導かれて人類が手にした言葉」です。
それから二千年以上たった現在でも数学を駆使してロケットは飛び、制御され、通信も、分析も可能になります。
頭の中の話〜数学〜のおかげで月面探査が可能になるということです。
数学と月面探査ロケットのお話は逆説どころの話ではない深い関係があるということです。
わたしは「感動する!数学」の中でそのことを語っているのに、記者はそこまで気づかなかったのでしょうか。

ちなみに「感動する!数学」は発行12万部をこえるロング&ベストセラー本です。
ぜひ読んでみて、みなさんなら上のコラムをどう書くかを考えてみてほしいです。




posted by 桜井進 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2015年04月30日

5月20日新刊「世界を変えた「数」の物語」

sekaiwokaeta.jpg
朝日新聞出版 
 価格 1620円(税込)

 昨年9月まで1年半つづいた朝日新聞朝刊連載
 「桜井進の数と科学のストーリー」全38話完全収録(コラージュと本文)
 それぞれの話に1ページの「ノート」を加筆
 連載の内容について踏み込んだ内容、もっと語りたかったことなど

 アルキメデスによる円周率計算プログラムを掲載
 フィールズ賞以外の数学賞
 ラマヌジャンの 6-10-8 恒等式
 双子素数に関連したブルン定数と双子素数定数
 メルセンヌ素数から完全数が得られることの証明

 どれも1話完結の読み切りスタイル

 アマゾンで予約受付中です。
posted by 桜井進 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2015年04月25日

日大芸術学部所沢キャンパスのぷくにゃん

puku201504.jpg

ことしも日芸の授業「数学的思考の探究T・U」がはじまりました。
昨年履修者が500名をこえたので一段と気合いがはいっています。
ぷくにゃんは元気にお昼寝しています。



posted by 桜井進 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2015年04月17日

NHKEテレ「テストの花道」4月18日(土)10:00〜10:30 出演します

数学ギライ必見!数学って面白い!
運命の人と出会う確率?
ケータイお得プラン?身近な例で面白さを伝授!
数学好きになれるカモ?
★所ジョージ/城島茂/渡邊アナ/桜井進/永野裕之/ほんぴぃ/みずき/タケちゃん/れな
初回放送:2013年12月2日放送

posted by 桜井進 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2015年02月25日

重版2刷「算数なるほど大図鑑」(ナツメ社)

zukan.jpg

おかげさまで、昨年12月にでた「算数なるほど大図鑑」(ナツメ社)の重版が決まりました。
御礼申しあげます。

目下、ナツメ社では次の新しい企画が動き出しました。
ご期待ください。
posted by 桜井進 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2015年02月09日

世界算数とSTEM

わたしが応援している世界算数はSTEM教育をもとにつくられています。

STEM教育(Science=科学、Technology=技術、Engineering=工学、Mathematics=数学)

https://www.global-math.com
のページにセリーナ・モーガン-スタンダード氏がSTEM教育についてのコメントがあります。



SafariScreenSnapz045.jpg

posted by 桜井進 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2015年02月04日

『算数なるほど大図鑑』出版記念 特別セミナーのご案内

2月28日、数学の桜井先生のセミナーを親子で参加して頂けることにしました。
数学の好きな子、苦手な子、そして未来あるお子様達に是非、桜井先生のセミナーを聞いて頂きたいと思い、お子様1名様を、無料で、ご招待とさせて頂くことにしました。(大学生は学割で3千円とさせて頂きます。)
席に限りがございますので、事前にお名前と学年の登録をお願いします。(お子様お一人まで)とにかく、楽しく、そして笑いありで、気が付いたら、いつの間にか数学の世界に吸い込まれています。
私たちが受けてきた数学の授業、あるいは、今、数学の授業を受けておられるお子様たちの授業とは全く違い、想像を超えています。
是非、お子様とご一緒にいらっしゃいませんか。

                          ガイア 田中太郎


        セミナー&交流会「愉快な仲間たち」

数多くのベストセラー数学書『面白くて眠れなく数学』(PHP研究所)25万部 
『わくわく数の世界の大冒険』(日本図書センター)20万部の著者
         サイエンスナビゲーター 桜井進先生

        『算数なるほど大図鑑』(ナツメ社)出版記念
             特別セミナーのご案内

zukan.jpg

    演題:「雪月花の数学 芭蕉の俳句はなぜ五七五なのか」

setsugetsuka.jpg

『夢中になる江戸の数学』より
「算数の心」を求めて
江戸時代、鎖国中の日本には「和算」という独自の数学があった。
西洋の数学とはまったく違う道筋をたどり、世界を凌駕するレベルに発展した日本独自の
数学である。
殿様から子供まで、そして全国津々浦々の人々が数学を愛好していた江戸時代の特異性は、庶民の数学のレベルの高さにあった。中でも、寺子屋の教科書として普及した驚異の数学書「塵劫記」(じんこうき)(吉田光由著 1627年)は、当時の人気作家、井原西鶴や十返舎一九をはるかにしのぐベストセラーといわれるほど日本中で読まれた。
まさに「一家に一冊」の必携書と言っていい。
その一方で、関孝和をはじめとする多くの和算家が、ニュートンやライプニッツとほぼ同時期に活躍し、独創的な解法を次々と生み出していたのである。その業績は世界のレベルで見ても引けをとらないどころか、それを凌駕していたものも少なくない。江戸時代の人々がこれほどまでに数学に熱を上げたのはどうしてなのか?

『算数なるほど大図鑑』より
算数は教科書や学校の授業だけでなく、実はわたくしたちの身近にたくさんあります。
ものの個数を数えたり、長さや重さや時間を測ったりするのに必要なのが数(かず)と数字(すうじ)です。また、ものには丸、三角、四角といった形があります。そう考えてみるとわたしたちの身のまわりには、ほとんど算数でできているといってもよさそうです。
そのことに気づいた大昔の人類は算数をつくってきました。1、2、3、…にいった数字は実に長い年月をかけて世界中を駆け巡り、いまの形に完成してきたものです。算数に登場する考え方、言葉、記号はすべてわたしたち人類が少しづつ考えて今に至っています。そこには算数誕生の物語がかくされています。
わたしたちの人類がいかにして算数をつくってきたのか、その物語を知れば知るほど、算数に興味が出てくることでしょう。

主催者 田中太郎より
11月に桜井進先生のセミナーを拝聴し、スゴい先生がいるもんだと、驚きやら、びっくりやら、兎に角面白いし、わかりやすいし、なんと言っていいのか、ボキャブラリーの足りない私には表現のしようがありません。数学ってこんなに楽しいし、面白いんだと知りました。
学校の授業も桜井先生のような数学の授業だったら、どんなにか楽しいことか、面白いことかと想像してしまいます。
兎に角、今はTV、ラジオ、マスコミ、全国での講演会に引っ張りだこの先生です。そこを無理にお願いして講演をして頂ける事になりました。
数学がおもしろいと思っている人もそうでない人も、絶対に聞いてほしいですね。
世界観が変わります。

                   記

1.桜井 進先生 プロフィール 
 サイエンスナビゲーター・(株)sakurAi Science Factory 代表取締役
 ホームページURL http://www.ssfactory.net
 URL http://ssfactory.sakura.ne.jp/sakuraisusumu/sakuraisusumu1.pdf

2.日 時 平成27年 2月28日(土)  受付開始 14:00
                       セミナー  14:30〜16:00
                             懇親会   17:00〜

3.場 所 紀尾井Forum
       千代田区紀尾井町4-1 
     ホテルニューオータニ ガーデンコート 1階
     URL  http://www.kioi-forum.com

screen.jpg

4.会 費 7,000円(事前振込みでお願いします。)
       セミナー終了後、桜井進先生を囲んで懇親会を行います。
      懇親会費は5,000円です。参加希望の方はセミナー&懇親会費の
      合計12,000円のお振込みをお願いします。
      キャンセルは 2月26日までとし、27日以降は全額頂戴しますので、
      代理の方の参加をお願いします。

 振込先 (個人名でお願いします。) 
      1.他行より 郵貯銀行 0一八(ゼロイチハチ)支店
            普通 7769802 (株)ガイアソリューション 

        郵貯より 郵貯銀行 記号10150 番号77698021
             (株)ガイアソリューション

      2.楽天銀行 ワルツ支店
               普通 7042324 (株)ガイアソリューション

5.人 数 65名まで
      参加希望の方は1.お名前 2.御社名 3.役職 4.携帯番号  5.アドレス、 
      お書きの上、tanaka@gaia-solution.com に返信していただくか、
      FAX03-3511-2752までお願いします。

株式会社ガイアソリューション
セミナー&交流会「愉快な仲間たち」
    田中 太郎
電話03-3511-2751 FAX03-3511-2752
posted by 桜井進 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2015年01月25日

続・超入門リーマン予想 ゼータ関数誕生物語

朝日カルチャーセンター新宿教室

2/14土曜 13:30-17:30 2/14 1回

1735年、オイラーによるバーゼルの問題解決。
オイラーはバーゼルの問題解決の背後にあるゼンマイ仕掛けの謎をも解き明かした。
オイラーによるゼータ関数の発見。
この124年後、1859年にリーマンは「リーマン予想」に到達。

  予想:ゼータ関数の自明ではない零点はすべて実部が1/2上にあるだろう。

リーマン予想とはゼータ関数の性質について述べたものに他ならない。
「リーマン予想」第2弾ではゼータ関数に迫る。

 1.バーゼルの問題の証明(1735年):証明に必要な道具は高校数学の微積分
 2.ゼータ関数のオイラー積(1737年):ゼータ関数の正体は素数
 3.オイラー・マクローリンの公式(1738年):ゼータ関数の数値計算の道具
 4.「解析接続」入門

豊穣にして深遠なるゼータの世界を散歩する。




20150214yosou.jpg

posted by 桜井進 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2013年04月13日

プラネタリウム番組「MUSICA〜宇宙はなぜ美しい?」 Trailer




音楽と数学で宇宙を解き明かすサイエンスファンタジー
 ムジカ
『MUSICA 宇宙はなぜ美しい?』

山梨県立科学館で4月20日(土)お披露目。

 プロデューサー:高橋 真理子
 監督・絵コンテ:上坂 浩光
 シナリオ:上坂 浩光 / 高橋 真理子
 音楽プロデューサー:安念 透
 作曲:酒井 義久
 監修:佐治 晴夫/桜井 進


4月20日(土)山梨科学館 オープニング特別投影
事前予約方法
代表者の方のお名前、ご住所、お電話番号、人数(大人、小学〜高校生、幼児の別)をお書きの上、下記アドレスへお送りください。返信をもって受付完了とさせていただきます。観覧料(下記参照)は、当日、受付にてお支払いください。事前予約の定員は先着50名とさせていただきます。
メール送付先: starmail@kagakukan.pref.yamanashi.jp
(@を半角に変えてください)
posted by 桜井進 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2013年02月27日

親子で学ぶ!世界一楽しい授業 in ホテルニューオータニ

SafariScreenSnapz008.jpg
SafariScreenSnapz006.jpg

テレビでもおなじみの豪華講師陣が、お子さまにもわかりやすい、オモシロ教室を開催します。 学校とは違ったオリジナル授業は、お子さまはもちろん、大人の方でもついつい引き込まれてしまうこと間違いなし!
親子で楽しく学んでみませんか。

期 間 :2013年5月3日(金・祝)〜5日(日・祝)
時 間 :
1時間目 15:00〜15:45
2時間目 16:00〜16:45
3時間目 17:00〜17:45
料 金 :
【宿泊のお客さま】 1講座:\1,500/1日(3講座):\4,000
【外来のお客さま】 1講座:\2,000/1日(3講座):\5,000
※ 受講料、税金・サービス料共
対 象 :小学3年生以上
会 場 :シリウスの間(ガーデンコート 宴会場階)

【 算数 】

計算が100倍楽しくなる!
〜円周率にかくれた秘密とは?9の割り算が急にできる法〜

・インド式算術をマスターしよう!
 3桁の掛け算 107×109が3秒で
 9の割り算は急にできる □÷9はあっという間!?
・お買い物で割引きの計算名人になろう!
 割合(%と割)の計算の基本をマスター
・驚異の数、円周率πの世界をのぞいてみよう!
 四千年人類が計算し続けている円周率πの不思議を紹介
・江戸の算数問題に挑戦してみよう!
 鶴亀算、からす算など面白問題にびっくり



予約受付開始 3月4日 9:00より

くわしくはコチラ

SafariScreenSnapz007.jpg
posted by 桜井進 at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2013年02月26日

親子で学ぶ!世界一楽しい授業 in ホテルニューオータニ鳥取 Part 3

SafariScreenSnapz004.jpg


期日:3月20日(水・祝) 10:00〜13:00 3F 鶴の間

TVでお馴染みの人気講師による心に残る授業を行います。
2講座(算数・理科) 小学生対象
料金 保護者とお子さま 2名で¥7,000
(2講座+ランチビュッフェ付)

1名追加につき 
保護者¥4,000  お子さま¥3,000

※税金・サービス料込
※お子さまのみ、大人のみの参加はできません。
スケジュール【受付9:30〜  会場9:40〜】
1時限目 10:00〜10:50  休憩 10分
2時限目 11:00〜11:50
ホームルーム 15分(質問タイム)
お食事タイム  12:15〜13:00


くわしくはコチラ


posted by 桜井進 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

朝日カルチャーセンター・芦屋「わくわく数の世界の大冒険」

SafariScreenSnapz003.jpg

朝日カルチャーセンター・芦屋
わくわく数の世界の大冒険
− 人はなぜ計算しつづけるのか

3/9(土)
16:00-17:30

98×97が三秒でわかる秘密!? 赤道上1メートル上をまわすロープの長さは赤道1周よりもどれだけ長い? 茶寿はどうして108歳? 99はどうして「つくも」? 地球の重さを言える?
 はやぶさが地球帰還するために使われた円周率とは何桁?
対数誕生物語、計算に込められた夢と願い! 連続する100個の自然数の和を求める驚きの方法!? 無限の足し算を可能にする数学の威力!? インドの数学者ラマヌジャンがせまった円周率の魅力 人とともに歩んできた計算のドラマにせまります。

くわしくはコチラ
posted by 桜井進 at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2012年04月09日

茨城県立竜ヶ崎第一高等学校

R0010588.jpg

2011/12/03
茨城県立竜ヶ崎第一高等学校
1年生 280名
雪月花の数学 数学でみる江戸の芸術

R0010592.jpg

R0010602.jpg

R0010638.jpg
posted by 桜井進 at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

東京都立科学技術高校 SSH講演会

R0010362.jpg

2011.11.5(土)14:50-16:35
東京都立科学技術高校
SSH講演会「ジョン・ネイピア対数誕生物語」

R0010369.jpg

posted by 桜井進 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2011年10月03日

明日は倉敷、体育館準備完了

kurashiki1.jpg

明日は岡山県立倉敷古城池高等学校 平成23年度創立記念講演会。
会場の体育館の準備。
アクシデントなし順調に音響と照明の微調整もOK。
予定取り3時間、みっちりリハーサルまで完了。
終わってみると外は真っ暗。
手伝っていただいた先生方、お疲れ様でした。
明日はどんな「雪月花の数学」になるか楽しみです。


posted by 桜井進 at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ