2011年07月27日

新刊「超 面白くて眠れなくなる数学」

tyouomosiro.jpg

ちょうど1年前の『面白くて眠れなくなる数学』はおかげさまで10万部となりました。
その第2弾が出来上がりました。

読み出すと、ページをめくる手がとまらなくなる「超面白い」数学エンターテインメント!
数学は、この宇宙、さらには私たちが考えることができる壮大な世界を語る言葉です。
そして数学は、宝くじやギャンブル、お化粧のテクニックや漢字の中、男女の出会いの確率など、身近なところにもひそんでいます。

本書の目次より
宝くじとカジノ、どちらが儲かる?/ギャンブル必勝法! ただし…/数学でモテる! 美人角/電卓でひみつの数当てマジック/漢字の中にひそむ数字/ニーチェやダ・ヴィンチも数学を愛した/魔法みたいな「魔方陣」/閏年のひみつ/幸運の確率は六分四分!/小惑星探査機「はやぶさ」と素数の冒険/0乗すると、なぜ1になるの?/3Dと2Dは、どっちがすごい?…

ぜひパワーアップした第2弾を書店で手にとってご覧下さいませ。
表紙は魔六角陣の問題になっています。

単行本(ソフトカバー): 224ページ
出版社: PHP研究所
発売日: 2011/7/26
価格:¥ 1,365(税込)

お求めはコチラからどうぞ。



posted by 桜井進 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2011年06月30日

身近で役立つ数学力

mijika.jpg


フューチャーサイエンスシリーズ VOL.3
身近で役立つ数学力

桜井進監修 《サイエンスナビゲーター》
1,000円(本体価格952円)
PHP研究所

サイエンスナビゲーター・桜井進が、美しさと感動の数の世界へと誘う!

 伸びやかな感性で人々を魅了する音楽。かたや積み上げられた理論で真理に迫る数学。一見無関係に思われる学問同士には意外なつながりがあった。一大現象にもなっているボーカロイド、そして人気キャラクター・初音ミクに潜む数学の秘密にせまる!

 「Google Books」が世界中の書籍の数を数え上げた。その数129.864.884冊! でもいったいその冊数ってどうやって数えたの? 「マイナス×マイナス」が「プラス」になる…中学生で習う数学です。当たり前のように使っているけど、なんでそうなるの? などなど、今さら聞けない実は知りたかった数学の疑問が解決!

 350年にわたり数学者たちを苦しめ、そして魅了してきた「フェルマーの定理」。その感動物語をはじめ、科学の好奇心をくすぐる3本の厳選コミックも掲載!!

私と根上生也、黒川信重の3人による鼎談を最後に収録。
いまの数学を語ります。


110628nikkei-thumb-600x285-979.gif


posted by 桜井進 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2011年06月19日

新刊「数学と音楽の交差」

ongakusuugaku.jpg

構想6年、満を持して完成。
作曲家・坂口博樹氏との共著。


著者 桜井 進 著
坂口 博樹 著
ジャンル 自然科学
芸術・文学
出版年月日 2011/05/20
ISBN 9784272440382
判型・ページ数 4-6・208ページ
定価 本体1,800円+税
出版社 大月書店

目次
はじめに

1章 響き合う音楽と数学
 1 音を数えることから音楽は始まった
 2 数とは何か?
 3 宇宙の調和 根本原理を求めて
 4 音律と数列
 5 数学の中の音楽 素数の神秘
 6 音楽と数学の中の「無限」

2章 音楽と数学の位相
 1 表現する音楽 隠れる数学
 2 時代と地域で変わる音楽 時代を超えて進化する数学
 3 人と人を結ぶ音楽 人を超える数学
 4 数学史・音楽史俯瞰(古代から近代―ヨーロッパを中心に)
 5 20世紀における音楽と数学の質的変化の萌芽

3章 音楽と数学の本質
 1 秩序ある世界の根底にあるもの
 2 コンピュータの進歩と「ランダム」
 3 音楽と時間
 4 時間と生物と宇宙
 5 人間の感覚と時間
 6 「この宇宙」「あの宇宙」と「ランダム」

おわりに
参考文献
索引
posted by 桜井進 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2011年02月19日

「桜井式」小中高の算数数学が1週間でわかるドリル

sansuudril.jpg

新刊出来上がりました。

「桜井式」小中高の算数数学が1週間でわかるドリル

PHP研究所
1,050円(税込)

2月23日発売!

posted by 桜井進 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2011年02月02日

「感動する!数学」(PHP文庫)10万部!

kandou.jpg

重版16刷、10万2000部!

御礼申しあげます。




posted by 桜井進 at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2011年01月29日

ジュンク堂書店福岡店

junkudo.jpg
前回に引き続き書店の紹介。
ジュンク堂書店福岡店。
昨年末には「面白くて眠れなく数学」がランキング5位の売り上げにびっくり。
ジュンク堂書店福岡店の店員さんの書評がアップされていました。
ありがとうございます!


posted by 桜井進 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2010年09月04日

カバーをはずすと・・・

omosirokute-nashi.jpg

「面白くて眠れなくなる数学」(PHP研究所)

おかげさまで売れ行き好調

三省堂神保町本店
ベストセラー ノンフィクション部門で第6位
2010年 8月23日〜8月29日調べ

先週の三省堂有楽町店でも、
ベストセラー ノンフィクション部門で第5位

カバーには地図(図は石畳)の塗り分け問題(4色問題)が描かれていますが、このカバーをはずすと表紙にも絵が描かれています。

黒字に金のうつくしい仕上がりになっています。

カバーをはずして読んでみてはいかがでしょう。



posted by 桜井進 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2010年08月25日

「面白くて眠れなくなる数学」正誤表

好評発売中「面白くて眠れなくなる数学」(PHP研究所)
にいくつか誤りがありました。

正誤表
初版 p23 
誤 a is equals to b.
正 a is equal to b.

初版〜3刷 目次とp178
誤 9の(9乗の9)乗
正 9の(9の9乗)乗

この"9の(9の9乗)乗"の話題は
好評連載中
☆東洋経済オンライン 続・数学〜その遙かなる風景・日本〜

に詳細があります。
あわせてご覧下さい。

 “48と75”婚約数 -10/07/29
 “G64”グラハム数の麓へ立つ(後編) -10/06/17
 “3↑↑5”グラハム数の麓へ立つ(中編) -10/05/06
 “9の(9の9乗)乗”グラハム数の麓へ立つ(前編) -10/04/07
 “∞”無限の先にある無限 -10/02/16

http://www.toyokeizai.net/life/column/list/SC/0f6c57e55615538d63f2e9875616f278/

posted by 桜井進 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 書籍

2010年08月24日

「面白くて眠れなくなる数学」4刷!

先週、3刷目の報告をしましたが、
おかげさまで4刷決定です。
posted by 桜井進 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2010年08月17日

発売一ヶ月で3刷り!!

100816_1933041.jpg


100816_1933221.jpg

おかげさまで
三省堂神保町本店
ベストセラー ノンフィクション部門で第4位
(8月9日〜8月15日調べ)

「面白くて眠れなくなる数学」(PHP研究所)売れ行き好調です。


nemurenakunaru.jpg

定価:本体1300円(税別)
購入はコチラから

posted by 桜井進 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2010年07月16日

「面白くて眠れなくなる数学」発売!

nemurenakunaru.jpg

面白くて眠れなくなる数学
PHP研究所
定価:本体1300円(税別)
購入はコチラから

これまでいろいろなところで連載してきたお話しを集めた本です。

本書は、ベストセラー『感動する!数学』の著者が贈る読みだしたらとまらない、世にも美しい数学のはなし。
数学は、眠れなくなるくらいに面白い!
クレジットカードやマンホールのフタなど、私たちの身近なものにひそむ数のはなしから、宇宙の全粒子を使っても記述できない壮大な数のはなしまで、文系の人でも楽しめる、
ロマンとわくわくに満ちた数学エンターテインメントの世界へようこそ。

本書の目次より
 美しい記号のはなし
 読めそうで読めない数式
 数学者のロマンティックな名言
 おならの匂いは半分でもやっぱり臭い?
 因数分解でセキュリティ
 クレジットカードの会員番号のひみつ
 おつりを簡単に計算するテクニック
 マンホールはなぜ丸い?
 iPodは数学が奏でる
 1+1=2って本当?
 ミステリアス・ナンバー12
 9の(9乗の9)乗の大きさはどれくらい?…


posted by 桜井進 at 13:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍

2010年06月05日

文庫「雪月花の数学」6/11発売

setugetukaomote2.jpg

祥伝社黄金文庫より6/11発売
定価:552円+税

前の「雪月花の数学」改訂版です。
建築、絵画、茶道、華道、俳句
日本文化の根底に流れる「形」と「数」の通奏低音。

setugetukaura2.jpg
posted by 桜井進 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2010年02月12日

『感動する!数学』(PHP文庫)好評発売中!



『感動する!数学』(海竜社)がPHP文庫から文庫サイズになってリニューアルしました!
ぜひ手にとって数学にふれてみてください。
posted by 桜井進 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2009年10月31日

『感動する!数学』 (文庫)発売間近!

kandou1.jpg

2006年に出版された『感動する!数学』(海竜社)。
このたび加筆・修正を加えてPHP文庫としてリニューアル!

11月2日発売
PHP文庫
定価:本体619円(税別)

購入はこちらから

コンビニ(どのコンビニかはわかりません)でも購入できます。



posted by 桜井進 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

『リーマン予想がわかる』発売間近!

yosou.jpg

数学セミナー増刊 リーマン予想がわかる

11月2日発売
日本評論社
定価:1600円(税込)

購入はこちらから

提出されて150年
最大の未解決問題であるリーマン予想を理解したいすべての人に

高校生からわかる------
超入門・リーマン予想 桜井進

挿絵はすべてカラーで私が制作しました。巻頭31ページはカラー版です!


010.jpg

本文最初の挿絵です。
背景は山寺駅(山形県山形市)ホームからの撮影した写真です。

ゼータとリーマン予想のエキサイティングな世界を堪能ください。

posted by 桜井進 at 22:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍

2009年05月02日

書評を読んで

SafariScreenSnapz009.jpg

asahi.comに拙書「江戸の数学教科書」(集英社)の書評が載っている。

総じて的確なコメント。
「和算」という言葉がもつイメージは筆者自身よく説明できない。
それは和算の世界をすこしだけ垣間見た者としてでさえである。
一般にはそれなりのイメージがある。
かんたんに言えばそれはマニアの世界という意味である。
江戸時代、数学はマニア受けしたものではなく大衆にうけたのにかかわらず。
書名に和算をいれなかったのはそのためである。
江戸の数学でいい。
それを現代では和算といういい方もある。
ギリシャ時代も中世ヨーロッパでも数学はそれ以外の呼び方をしない。

歴史的に見て江戸の数学は特異であったと思われる。
大衆参加という意味で。
「江戸の数学教科書」で筆書の主眼はそこにあった。
ならばこの時代の日本の数学だけは特別な呼び方-和算-は妥当といえる。

いつに日かマニアの世界としての和算ではない和算の認識がされる時を楽しみに待ちたい。
書評には、
「著者は、江戸時代の庶民には「算数の心」を読み取る感性があり、数学を趣味として楽しんだことを挙げる。そして、この姿勢があれば、今の日本人も数学で遊ぶことができるはず、と主張する。」
とある。
江戸の人々の数学への接し方の基本はまさに「遊ぶ」ことだった。
それもまじめに真剣に。だから「道」にもつながっていく。

今の日本に数学を遊ぶゆとりはないのだろう
か。




posted by 桜井進 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2009年03月13日

「青春と読書」3月号

sei2.jpg

集英社が発行する「青春と読書」3月号
今月のエッセイ 『江戸の数学教科書』にこめたおもい 桜井進

2月26日にでた拙書「江戸の数学教科書」(集英社)を執筆するにあたってのエピソード。
いかにサイエンスナビゲーターとなり、和算に出会っていくか、そのつながりを語っています。

ぜひ手にとってくださいませ。
あわせて『江戸の数学教科書』もどうぞよろしく。



edo.jpg
posted by 桜井進 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2007年09月01日

9月刊行予定


1.『実況解説! インド式算術』
 PHP研究所
 桜井進 著、ニヤンタ・デシュパンデ 監修
 発売予定日9月13日 本体1300円

2.ソフトバンク新書 『2112年9月3日、ドラえもんは本当に誕生する!』
 ソフトバンククリエイティブ
 発売予定日 9月14日 税込価格:735円
 テレビでも話題のサイエンス・ナビゲーター・桜井進が、「ドラえもん」に秘められた驚きの科学ミステリーを紹介する。

3.『数学で美人になる』
 マガジンハウス
 発売予定日 9月20日 本体価格 1,300円 (税込 1,365 円)
 http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refBook=978-4-8387-1771-2&Sza_id=MM
 http://item.rakuten.co.jp/book/4503249/

4.技術評論社 「数学対談 根上生也×桜井進 計算しない数学×計算する数学」




posted by 桜井進 at 12:41| Comment(0) | 書籍

2007年06月19日

インド式計算ドリル2冊でました!!

計算といえば、インド式計算がはやっていますが、私も2冊だしました。

1.jpg



☆『超インド式桜井計算ドリル』 6月15日発売 出版社: アスコム 924円(税込)
http://www.amazon.co.jp/超インド式桜井計算ドリル-桜井-進/dp/4776204363/ref=sr_1_3/503-1787949-7581506?ie=UTF8&s=books&qid=1181889429&sr=1-3

2.jpg


☆『インド式計算暗算ドリル』 6月18日発売 出版社: 宝島社 880円(税込)
http://www.amazon.co.jp/インド式計算暗算ドリル/dp/4796659145/ref=pd_ecc_rvi_2/503-1787949-7581506?ie=UTF8&qid=1182133128&sr=1-3
posted by 桜井進 at 04:11| Comment(0) | 書籍