2009年10月31日

『感動する!数学』 (文庫)発売間近!

kandou1.jpg

2006年に出版された『感動する!数学』(海竜社)。
このたび加筆・修正を加えてPHP文庫としてリニューアル!

11月2日発売
PHP文庫
定価:本体619円(税別)

購入はこちらから

コンビニ(どのコンビニかはわかりません)でも購入できます。



posted by 桜井進 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

『リーマン予想がわかる』発売間近!

yosou.jpg

数学セミナー増刊 リーマン予想がわかる

11月2日発売
日本評論社
定価:1600円(税込)

購入はこちらから

提出されて150年
最大の未解決問題であるリーマン予想を理解したいすべての人に

高校生からわかる------
超入門・リーマン予想 桜井進

挿絵はすべてカラーで私が制作しました。巻頭31ページはカラー版です!


010.jpg

本文最初の挿絵です。
背景は山寺駅(山形県山形市)ホームからの撮影した写真です。

ゼータとリーマン予想のエキサイティングな世界を堪能ください。

posted by 桜井進 at 22:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍

2009年05月02日

書評を読んで

SafariScreenSnapz009.jpg

asahi.comに拙書「江戸の数学教科書」(集英社)の書評が載っている。

総じて的確なコメント。
「和算」という言葉がもつイメージは筆者自身よく説明できない。
それは和算の世界をすこしだけ垣間見た者としてでさえである。
一般にはそれなりのイメージがある。
かんたんに言えばそれはマニアの世界という意味である。
江戸時代、数学はマニア受けしたものではなく大衆にうけたのにかかわらず。
書名に和算をいれなかったのはそのためである。
江戸の数学でいい。
それを現代では和算といういい方もある。
ギリシャ時代も中世ヨーロッパでも数学はそれ以外の呼び方をしない。

歴史的に見て江戸の数学は特異であったと思われる。
大衆参加という意味で。
「江戸の数学教科書」で筆書の主眼はそこにあった。
ならばこの時代の日本の数学だけは特別な呼び方-和算-は妥当といえる。

いつに日かマニアの世界としての和算ではない和算の認識がされる時を楽しみに待ちたい。
書評には、
「著者は、江戸時代の庶民には「算数の心」を読み取る感性があり、数学を趣味として楽しんだことを挙げる。そして、この姿勢があれば、今の日本人も数学で遊ぶことができるはず、と主張する。」
とある。
江戸の人々の数学への接し方の基本はまさに「遊ぶ」ことだった。
それもまじめに真剣に。だから「道」にもつながっていく。

今の日本に数学を遊ぶゆとりはないのだろう
か。




posted by 桜井進 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2009年03月13日

「青春と読書」3月号

sei2.jpg

集英社が発行する「青春と読書」3月号
今月のエッセイ 『江戸の数学教科書』にこめたおもい 桜井進

2月26日にでた拙書「江戸の数学教科書」(集英社)を執筆するにあたってのエピソード。
いかにサイエンスナビゲーターとなり、和算に出会っていくか、そのつながりを語っています。

ぜひ手にとってくださいませ。
あわせて『江戸の数学教科書』もどうぞよろしく。



edo.jpg
posted by 桜井進 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2007年09月01日

9月刊行予定


1.『実況解説! インド式算術』
 PHP研究所
 桜井進 著、ニヤンタ・デシュパンデ 監修
 発売予定日9月13日 本体1300円

2.ソフトバンク新書 『2112年9月3日、ドラえもんは本当に誕生する!』
 ソフトバンククリエイティブ
 発売予定日 9月14日 税込価格:735円
 テレビでも話題のサイエンス・ナビゲーター・桜井進が、「ドラえもん」に秘められた驚きの科学ミステリーを紹介する。

3.『数学で美人になる』
 マガジンハウス
 発売予定日 9月20日 本体価格 1,300円 (税込 1,365 円)
 http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refBook=978-4-8387-1771-2&Sza_id=MM
 http://item.rakuten.co.jp/book/4503249/

4.技術評論社 「数学対談 根上生也×桜井進 計算しない数学×計算する数学」




posted by 桜井進 at 12:41| Comment(0) | 書籍

2007年06月19日

インド式計算ドリル2冊でました!!

計算といえば、インド式計算がはやっていますが、私も2冊だしました。

1.jpg



☆『超インド式桜井計算ドリル』 6月15日発売 出版社: アスコム 924円(税込)
http://www.amazon.co.jp/超インド式桜井計算ドリル-桜井-進/dp/4776204363/ref=sr_1_3/503-1787949-7581506?ie=UTF8&s=books&qid=1181889429&sr=1-3

2.jpg


☆『インド式計算暗算ドリル』 6月18日発売 出版社: 宝島社 880円(税込)
http://www.amazon.co.jp/インド式計算暗算ドリル/dp/4796659145/ref=pd_ecc_rvi_2/503-1787949-7581506?ie=UTF8&qid=1182133128&sr=1-3
posted by 桜井進 at 04:11| Comment(0) | 書籍

2007年02月15日

「感動する数学!」重版

5刷り1500部を増刷トータル1万2500部になりました。
みなさまに感謝申し上げます。
kandou.jpg
posted by 桜井進 at 23:46| Comment(0) | 書籍

2007年01月19日

『感動する数学』重版決定!感謝

kandou.jpg

報告です。
4刷り1500部が決定、トータル1万1000部。

熊本県内の高校生の読書意欲を高めるための冊子「BOOK MAP 高校生のための百冊の本」に取り上げられます。

都内の書店員さんが、朝日中学生新聞に「感動する数学」の書評を寄稿してくださったとのことで、
近いうちに掲載されます。

みなさん、読んでいただき本当にありがとうございます。
これからも末永く読んでいただける本をつくっていきたいと思います。


posted by 桜井進 at 02:33| Comment(1) | 書籍